か~~~~~め~~~~~波ぁぁぁぁぁ~~~~~!!!!!めは~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に

はい、どうも~。
暇なので2回目の更新wwwww
んで、今回は(2回目だってw)ひぐらしのなく頃について書きたいと思います。
長いですよ~~今回のは。心してみてくださいw
本作品は昭和50年代の架空の村落・雛見沢村を舞台に、村にまつわる古い因習「綿流し」を軸にして起こる謎の連続怪死事件を題材にした連作式のサウンドノベル(ビジュアルノベル)である。雛見沢村の風景は岐阜県大野郡白川村[1]を参考にしたものである。

原作者の竜騎士07によると、本作品は自身が書いていた舞台台本が元となっており、その舞台台本は『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と『八つ墓村』の影響を受けて書いていたとしている[2][3]。

原作の同人ゲームは、全てコミックマーケットが初発表。出題編である『ひぐらしのなく頃に』が4話(第1話『鬼隠し編』、第2話『綿流し編』、第3話『祟殺し編』、第4話『暇潰し編』)及び解答編である『ひぐらしのなく頃に解』が4話(第5話『目明し編』、第6話『罪滅し編』、第7話『皆殺し編』、第8話『祭囃し編』)の計8話。そしてファンディスク『ひぐらしのなく頃に礼』からなる。

夏と冬の各コミックマーケット毎に新しい話を発表。但し第4話『暇潰し編』は冬のコミックマーケットに完成せず、夏に発売。新しい話は追加されるため、出題編と解答編それぞれの最新作に旧話を収録する形で発表(出題編と解答編は分かれており、別々に買う必要あり)。出題編は2002年8月16日から2004年8月15日までにかけて、解答編は2004年12月30日から2006年8月13日までにかけて、『ひぐらしのなく頃に礼』は2006年12月31日に発表。

メディアミックス展開 [編集]
同人作品としての人気を背景としたメディアミックス展開としてドラマCD化・漫画化・コンシューマー化・アニメ化等が行われている。漫画は本編の漫画化が8作品、書き下ろしの外伝が3作品。累計700万部突破。小説は2007年8月(鬼隠し編)〜2008年1月(祭囃し編)で累計80万部突破。PS2版はカケラ遊びも含むと累計20万本、DS版は2巻までの時点で累計15万本。日本国外では香港・台湾・韓国でも刊行されており[4]、2008年にはエン・プレスより英語版が北米で刊行される。

アニメは第1期「ひぐらしのなく頃に」が2006年4月から同年9月まで放送され(一部地域で差異あり)、第2期「ひぐらしのなく頃に解」が2007年7月から同年12月まで放送。そして第3期「ひぐらしのなく頃に礼」がOVAとして2009年2月から同年9月にかけて順次発売され、原作の出題編・解答編・ファンディスクの内容全てのアニメ化が実現した[5]。

また、2007年6月より米国[6]及びフランス[7]でDVD発売・ネット配信開始。

2007年12月31日から原作PCゲームのダウンロード販売が開始。

ヒットの経緯 [編集]
当初はコミックマーケットのみで頒布された同人ゲームに過ぎず、第3話祟殺し編までは数ある同人ゲームの一つという扱いでそれほど話題になっていなかった。そのため第4話暇潰し編が収録されていない出題編は入手困難となっている。しかし2004年5月頃、インターネット上の公式サイトで体験版(第1話鬼隠し編全編を収録)の公開や、元広報の矢野氏による各レビューサイトへの広報活動などが功を奏して、主にネット掲示板を介した口コミ人気が上昇した。『暇潰し編』からは大規模なショップ委託がされ、簡単に手に入れられるようになった。

「和製ホラー要素を絡めた猟奇殺人」等、従来の同人ゲームにあまり見られなかった分野であることや「正解率1%」に代表されるような挑戦的なキャッチコピー、全編に張り巡らされた謎や伏線、プレーヤー同士が謎や互いの推理を話し合うコミュニティサイトの存在等が話題の要因となった。

同人作品として10万枚を売り上げ、雑誌等にも取り上げられるところとなり、知名度は一気に上昇していった。その後、漫画、ドラマCD、アニメ、PS2、小説とメディアミックス化が進み、そのどれもがヒットを記録し、原作シリーズ累計売り上げも60万枚を突破[8]。また、実写映画は、5月10日の公開開始から池袋シネマサンシャインでは、2日間合計で動員3532名・興収514万2500円(土日2日間充足率=101%)、全国18スクリーンでは、2日間合計で動員1万6085名・興収2301万6500円(土日2日間スクリーンアベレージ=127万6894円)をあげ、東京単館(ミニシアター)で観客動員数2週連続1位を記録し、14映画館でしか上映されていなかったのが33映画館で追加上映が決定した。最終的に60館で公開され、単館系作品としては異例の興行収入2億円を突破した。

2008年7月、第11回ベクタープロレジ大賞で「ゲーム部門賞」、「goo検索部門賞」を受賞。

ゲーム制作 [編集]

白川八幡神社製作については兄弟で行っており、経理は両親が担当している[9]。シナリオ執筆及びキャラクターデザイン・CGは07th Expansion代表の「竜騎士07」。プログラミング(スクリプト)は竜騎士07の弟である「八咫桜」が担当している。ゲームエンジンには「NScripter」が使用されている。

BGMに関しては『ひぐらしのなく頃に』はフリーBGM素材集等から選択されていたが、『ひぐらしのなく頃に解』は当作品を愛する同人音楽創作者の呼びかけによって有志を募り、ゲーム専用BGMが製作された。

スタッフ [編集]
監督・脚本:竜騎士07
戦犯:竜騎士07
主犯:八咫桜
共犯:BT
副犯:dai
総参謀長:BT
スクリプト
八咫桜(メイン)
4U(幕間・TIPS)
BT(サークルロゴ・インストラー・音楽室・ミニゲーム)
技術指導
4U
BT
演出:八咫桜
グラフィック:竜騎士07
ミニゲーム:BT
背景ロケ
亀屋万年堂
八咫桜
竜騎士07
“目”:なるせ椿
LRRP
亀屋万年堂
時火
雨水
スカーレット
お庭番
エカテリ〜ナ
カハッキー
井川正寿
音楽協力:大将(GML)
音楽・効果音
音楽工房
夢の島開発室
エカテリ〜ナ
草薙考司
KeNJi
dai
煉獄小僧
tack
propan_mode
pre-holder@137
zts
海老スパ
カレギュウ(oi)
朱月笛丸
すえばし(shin)
七瀬光
袋小路
風域
モロコ
ゆうね
制作:07th Expansion


特徴 [編集]
本作品の特徴とされるのは、サウンドノベルでありながら「ストーリー展開に影響を与える選択肢が存在しない」ことである[2]。

通常のサウンドノベルでは、シナリオのポイントごとにプレーヤーに対し幾つかの選択肢を用意し、その選択が物語の進行に大きく影響を与える。ところが本作品ではそのような選択肢が存在しないため、プレーヤーは最初から最後まで文章を読み進めるのみである。その意味では通常の小説となんら変わらず、本編にゲーム性が一切無い点からいえば、厳密にはゲームではないとも言えてしまう(但し、祭囃し編における「カケラ紡ぎ」は例外と言える)。 作品の性質上、故意に残虐性を強調した殺傷表現など暴力的・猟奇的な描写が多いため、PS2版『ひぐらしのなく頃に祭』においてCEROの審査が難航していたが、最終的にD(17才以上対象)区分とされた(コンテンツアイコンは「暴力」のみ)。しかし、『ひぐらしのなく頃に絆』においては若干残虐性の規制は少なくなっている。

作品の構成 [編集]
本作品は大きく2つに分ける事が出来る。1つは物語の前編・問題提示編といえる『ひぐらしのなく頃に』4編(これ等は纏めて「出題編」ないし「問題編」とも呼ばれる)。そしてもう一つは前編で示した謎の解答を行う後編『ひぐらしのなく頃に解』4編である。

『ひぐらしのなく頃に』の「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」では物語が同一の時間軸上でパラレルワールド的に展開、「暇潰し編」では前日譚のエピソードとなっており、様々な角度から謎や手がかりが提示され、プレーヤーは各編を読み進め、又は読み比べながら与えられた手がかりを基に事件の真相を推理する。但し、それぞれのストーリーは何らかの形で結末は迎えるが謎の解答は示されない。解答は後編『ひぐらしのなく頃に解』(「目明し編」「罪滅し編」「皆殺し編」「祭囃し編」)にて行われる事となる。ただ、解答編とは銘打ってはあるが、出題編の4作に対して解答編の4作が対になって答えを示す作りでは必ずしもない。また、「罪滅ぼし編」から超常現象が描かれたことと、解答の中に完全正解することが非常に困難なものがあったため、「罪滅ぼし編」から「祭囃し編」発売直後にかけて様々な批判が飛び交った。

なお「罪滅し編」-「鬼隠し編」、「目明し編」-「綿流し編」、「皆殺し編」-「祟殺し編」、「祭囃し編」-「全ての編」というように、話の流れが対応している。また、出題編ではオマケの項に各シナリオが終了する毎に本編中のキャラクターが面白可笑しく推理談議する「お疲れさま会」が追加される[10]。

上記のように、原作各編の名前は何れも「○△し編」(○、△は何れも漢字一文字)というフォーマットで統一されており、二次創作でもそれが踏襲されていることが多い。

シナリオ [編集]
物語は平穏でゆったりとした日常のシーンから始まるが、進行していくにつれて違った趣きを見せてくる。この平穏な日常のシーンをシナリオの冒頭に持ってくることで、いつの間にかプレーヤーは登場人物に対して深く感情移入をし、後半部分の展開の変わりようを印象深いものにしている。これだけならば映画等でよく使われるテクニックなのだが、平均してシナリオの3 - 5割近くが穏やかなシーンで占められているため、初めて本ゲームをプレイする者にとっては、変哲のない恋愛ゲームなどをやっているように感じられる。しかし、そのような平穏な日常のシーンの中に、さり気なく重要な伏線が張られていることもある。

ストーリー [編集]
舞台は、某県鹿骨市にある人口2000人に満たない寂れた寒村である雛見沢村。かつては「鬼ヶ淵村」とも言われ、近隣の住人からは「人食い鬼の村」として恐れられた。

村人の連帯は昔から強固で、ダム建設による村の水没を村民の団結した行動で阻止したこともある。ダム戦争の末期より、村では6月の決まった日に一人死んで一人消える奇怪な事件が続いていた。「オヤシロさまの祟り」と言われ、廃れていたオヤシロさま信仰が復活しつつあった。

ダム建設計画の無期限凍結から5年後の、昭和58年。主人公である少年 前原圭一は、雛見沢村に引っ越してくる。彼は持ち前の明るい性格で、新たな学校や友人に打ち解けていく。委員長でゲーム狂の魅音、かぁいいもの好きなレナ、生意気だけど憎めない沙都子、愛らしいが一癖ある梨花らとの日常は、いつまでも楽しく平和に、永遠に続いていくと思われた。

この4年間に雛見沢で起こった不可解な連続未解決事件と、「鬼隠し」と呼ばれる謎の失踪事件についての噂を聞いた圭一は、軽い興味から事件について調べようとする。ところが、仲間たちは事件の存在自体を否定。圭一は偶然発見した雑誌から連続怪死事件が実際に起こっていた事を知り、仲間と村に対して疑念を抱き始める。

そして、「綿流し」と呼ばれる村祭りが行われた深夜、フリーカメラマンの富竹ジロウと、看護婦の鷹野三四が怪死を遂げてしまう。「オヤシロさまの使い」とも呼ばれ、連続未解決事件を執念深く追い続ける刑事の大石から、圭一は仲間達の隠された過去を教えられる。その後、仲間達は以前と全く違う顔を見せ始め、更には背後にヒタヒタと足音が聞こえ、忍び寄る「謎の気配」を感じるようになる。綿流しの儀式を境にして、それまでの平和な日常は一転して悪夢のような様相に変化していく。


--------------------------------------------------------------------------------

注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。 →[記述をスキップ]


--------------------------------------------------------------------------------

登場人物 [編集]
「ひぐらしのなく頃にの登場人物」を参照

以下の人物は各項目を参照。

前原圭一
竜宮レナ
園崎魅音
北条沙都子
古手梨花
園崎詩音
羽入
用語解説 [編集]
Frederica Bernkastel(フレデリカ・ベルンカステル)
Frederickの女性形で古代ドイツ語名Frithuricに由来する。また、Bernkastelはドイツのモーゼル・ザール・ルーヴァ地方の村でリースリンク種の白ワインで有名。各編の冒頭に現れる謎の詩の執筆者で、本編でもその詳細は語られていない。(梨花が愛飲しているワインがベルンカステルであり賽壊し編ではフルデリカ・ベルンカステルと自らの存在を形容する場面がある)
雛見沢村(ひなみざわむら)
××県鹿骨市の外れ、県境(隣県が岐阜県)にある人口2,000人に満たない村。明治以前は鬼ヶ淵(おにがふち)村と呼ばれた。雛見沢「村」と呼んでいるが自治体ではなく鹿骨市内の集落に過ぎない。豊かな自然と澄んだ空気に恵まれる。この作品の主要な舞台。圭一をはじめとして村の半数程度の児童が通う学校、「雛見沢分校」を有する。他の主な施設には診療所、古手神社などがある。
「雛見沢村」を参照

オヤシロさま
雛見沢で崇められている守り神の名前。古手神社に祀られている。
かつて鬼ヶ淵沼から湧き出してきた人喰い鬼達を調伏、改心した鬼が村で人と共存できるよう人の姿を与え、そして人と鬼が仲良く暮らしていけるよう村に留まり永く見守った、とされている。
人と鬼の混血が進み、半人半鬼の仙人となった村人たちの生活を見守り続けたが、村人が出て行くこと、そして外界から侵入する者も許さないという俗世との交流の禁止といった、幾つかの戒律も同時に設けたという。
オヤシロさまの禁忌に触れた者、村の外に出てはいけない等の戒律を破った者に対しては神罰が下されるとされており、これは「オヤシロさまの祟り」と呼ばれている。発生形体としては、惨殺、事故死、奇病等があり、故事によるとオヤシロさまの怒りを鎮めるためには鬼ヶ淵沼に生贄を捧げることが必要とされている。そのため、「オヤシロさまの祟り」では、必ず1人の死亡(神罰)と1人の失踪(生贄)が発生する、と言われている。なお、4年連続発生している怪死事件(下記「雛見沢村連続怪死事件」を参照)は村人から「オヤシロさまの祟りである」と恐れられており、様々な憶測が飛び交っている。
綿流し(わたながし)
毎年6月の第3〜4日曜日を選んで行われる、雛見沢村最大の祭り。ダム闘争以前は、雛見沢御三家や町会の一部関係者が、町会の酒盛りの口実として行うささやかな行事だった。
冬の終わりを喜び、寒さを凌ぐ為に使ってきた布団やどてら(主にその中に詰まった綿)を、古手神社の巫女による奉納演舞を捧げて供養し、祭事用の鍬で裂いた布団の中の綿を千切って沢に流す。但し、昔の鬼ヶ淵村における「綿流し」は、現在の定期的な祭りとは全く異なる凄惨なものであり、御三家や村の掟に逆らう者の腹の腸(ワタ)を引きずり出す拷問さながらの行為がなされており、それが綿流しの由来とされる。
雛見沢村連続怪死事件(ひなみざわむられんぞくかいしじけん)
昭和54〜57年に4年連続で起こった事件。毎年、綿流しの晩に人が1人死に、1人行方不明となっている。それぞれの事件は、殺人事件、事故死、病死ということで解決しており、特に祟りと呼べるほど不審なところはない。しかし、4年連続で決まって綿流しの晩に事件が起こっており、また、被害者がダム計画の関係者であることから、村人は「村をダムに沈めようとしたからオヤシロさまの怒りに触れた」と考え、この事件を通称「オヤシロさまの祟り」と呼ぶようになった。
御三家(ごさんけ)
古来から雛見沢を支配していた、公由家、古手家、園崎家の3つの旧家を指す。
かつての公由家は村を代表して村長を務め、古手家は信仰の中心たる古手神社の神主、園崎家は昔から村の警察的側面を担当してきた。古来においては力関係は一応均衡しており、村の重要事項はこの御三家が合議を行って決めていた。
現在においての御三家の影響力は、戦後の復興事業に大成功した園崎家が筆頭かつ圧倒的で、次に公由家、最後に太平洋戦争によって分家筋が途絶えた古手家の順になっている。故に御三家の合議はもはや形骸化しており、実質的に雛見沢村の取り決めは園崎家が握っている。
部活(ぶかつ)
昭和57年に園崎魅音が創設したもの。その概要は「(主に)放課後に教室などで色々なゲームをする」というもの。魅音の非電源ゲームのコレクションを使ったテーブルゲームから、運動場での体を使ったゲームなど様々。ゲームに負けると容赦なしの恐ろしい罰ゲームが待っている。また、部活には「勝つためには常識無用」「手段を選ばない」等の様々な会則があるため、あらかじめ決められたルールをギリギリまで駆使し、ときには法律や公序良俗に違反しながら、容赦ない熾烈な争いが繰り広げられ、周りを巻き込むことも多々ある。
ビリ確実な状況からの大逆転など、各々が白熱した戦いを見せる。
雛見沢ダム建設計画(ひなみざわダムけんせつけいかく)
雛見沢の土地一帯を丸ごと水没させ、大規模なダムを建設する計画。日本の高度経済成長に伴って治水と電力供給が急務となり、全国でダムが集中的に作られた時代背景の中持ち上がった。
村民はこれに猛反発。「ダム戦争」とまで呼ばれ全国を賑わせる程の過激な抵抗運動を展開した。昭和54年末にダム建設計画は無期限凍結された。
鬼ヶ淵死守同盟(おにがふちししゅどうめい)
雛見沢ダム建設計画を撤回させる為に、村民が結成した抵抗団体。あらゆる手段をもって抵抗運動を行った。御三家の一つ・公由家の頭首でもあり村長でもある公由喜一郎が名目上会長を務めていたが、実質的に実権を握っていたのは、会計担当の園崎家頭首・園崎お魎であった。
その結成から計画凍結による解散まで、本編より過去の出来事。
雛見沢症候群
雛見沢特有のウイルスが原因の感染症。雛見沢にいる全ての人間が感染しているが、精神的な不安を抱えている者や、雛見沢から離れた者が発症する。第二次世界大戦時、雛見沢出身兵の行動が異常であったことから高野一二三がその存在に気づいた。

「雛見沢症候群」を参照

と、いうわけですwww
ウィキペディアからコピペしてきました
では、ノシ
やべぇwwwww
本当になげぇwwwww
ウィキペディアから持ってくるんじゃなかった~~~!!!
それでは、ノシ
スポンサーサイト
[ 2010/05/02 16:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)
あの、あれだ。
お前バカか?????
[ 2011/04/19 20:37 ] [ 編集 ]
サゥキ?゛、゛、ヌ、ヒサ?筅?ヤ、ョ、゛、キ、遉ヲ
{2}yvFK&, www.infosale.biz, サゥキ?゛、゛、ヌ、ヒサ?筅?ヤ、ョ、゛、キ、遉ヲ, http://www.infosale.biz/exp/109.html
[ 2011/04/18 23:09 ] [ 編集 ]
・ウ・ケ・ラ・?ェ、テ、ム、、ニーイ隍ヌ、ケ
b23NH1jR, www.oppaimovie.com, ・ウ・ケ・ラ・?ェ、テ、ム、、ニーイ隍ヌ、ケ, http://www.oppaimovie.com/kyonyuu/65.html
[ 2011/03/31 01:50 ] [ 編集 ]
No title
入れ終わったぉwww
[ 2010/12/12 20:02 ] [ 編集 ]
No title
わかった。んじゃ、1時ころ取りに行くから!
[ 2010/12/12 09:07 ] [ 編集 ]
No title
それはだめwwwww
午後きてwwwww
[ 2010/12/11 22:39 ] [ 編集 ]
No title
ひょ~!!

明日部活あるから、10時ころ俺の親取りに行くから!!
[ 2010/12/11 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ギー太!

Author:ギー太!
名前:ギー太!
年齢:15歳
血液型:A型
誕生日:4月17日
性格:しらんwwwww
出身地:青い森w

太鼓の達人
この頃やってないw
CSぐらいかなwやってるのは・・・
ACは腕が落ちたかもねwww
またさいたまフルコンしたw

ユビート
この頃たくさんやってなぃwww
確実に腕が落ちたねwww

MPO+オンライン
アカウント:[ZER0]-X+AKB+X-
この頃やってなぃw
会いたい人コメよろwww

AKB48
好きな人ランキングw
1位→渡辺麻友
2位→前田敦子
3位→大島優子
4位→小嶋陽菜
5位→板野友美
とりあえず上位5名www
変わらずこの人たちは大好きwww

化物語
戦場ヶ原ひたぎが大好きですwww
阿良々木君から一言
「変態も同然の企みだ」

まぁ、よろしくw
気まぐれで更新するよw

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
Ring Clock
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
13120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アーケードゲーム
311位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。